ご相談・お問い合わせ

よくある質問

YouTube VRの画質が悪い場合はどうしたらいいですか?

「YouTubeでVR動画を見ようとしたら、画質が悪くて集中できない…」ということ、皆さんも一度は経験がありませんか?


今回は、YouTube VRの画質が悪い場合の対処法をまとめました。

1.YouTube VRの画質が悪い場合の対処法

YouTube VRの画質が悪い場合の対処法は大きく二つです。

1-1.YouTubeの設定から画質を変更

まずはYouTubeの画質設定を確認しましょう。高画質で見ることができるのにも関わらず、最初に低画質で表示されてしまっているケースがあります。以下の手順で確認をしてください。

設定ボタンを押す

YouTubeでVR動画を表示している状態で「設定」ボタンを押します。

【PCの場合】

【スマホの場合】

YouTube VR動画 設定ボタン スマホ

画質ボタンを押す

続いて「画質」ボタンを選択します。「2880s(5K)」「1440s(HD)」などの選択肢が出てくるので、好みの画質を選択します。数字が大きくなるほど、画質は向上し、鮮明な映像になります。

【PCの場合】

【スマホの場合】

YouTube VR動画 画質設定 スマホ

1-2.通信環境の確認

モバイルデータ通信の速度遅延などにより、VR動画の画質が低下している可能性があります。

このように通信環境の影響で画質が落ちている場合は、Wi-Fiへの接続や通信環境の整った場所への移動で解消されます。モバイルデータ通信は、回線によって繋がりにくいエリアがあるので、YouTube VRを再生する際はWi-Fi環境であることをおすすめします。

2.それでも画質が悪い場合考えられること

上記の方法で対処してもYouTube VRの画質が悪い場合は、以下の可能性も考えられます。この場合は、視聴者側が画質を向上させることができないのでご注意ください。

2-1.撮影時点での解像度が低い

視聴しているVR動画が、撮影時点で解像度が低い可能性が挙げられます。


対処法1で紹介した「設定から画質を変更」を行った際に、高解像度の選択肢が出てこない場合は、それ以上画質を向上することができません。

2-2.撮影時にレンズ汚れがある

レンズに汚れがついたままの状態で撮影し、映像全体が曇っている可能性があります。

別の動画を再生して画質に問題がなければ、動画自体の問題だと考えてよいでしょう。

2-3.撮影環境が暗い

撮影環境が暗いと映像が荒くなり、画質が悪くなる場合があります。

画質を向上してもストレスを感じる場合は、視聴をやめることをおすすめします。

3.まとめ

YouTube VRの画質が悪いと感じた場合は、まずは設定から画質を確認してください。

YouTubeはVRを手軽に視聴できるプラットフォームとして有用性が高いので、

是非、ビジネスでもプライベートでも積極的にご活用ください。

よくある質問 一覧に戻る

VRについての質問を記事として回答しています

VRをビジネスで活用する上での悩みなどありましたらお気軽にご質問ください。
VRtipsは皆さんが使いやすいサイトを目指して日々情報を更新していきます。

質問する