ご相談・お問い合わせ

VRゴーグル VRゴーグルの種類

カテゴリー

スタンドアローン型VRとは?【おすすめHMDを一挙公開】

VRの技術は近年注目を集めており、個人がエンターテインメントとして楽しむだけでなく、企業が研修で活用するなどVRを活用する場面も増えています。

そんなVRの中で注目を浴びているのが「スタンドアローン型VR」と呼ばれるものです。

この記事ではスタンドアローン型VRとはどのようなものか説明し、スタンドアローン型VRの中でもおすすめの製品を5つ紹介していきます。

1.スタンドアローン型VRとは

従来のVRはパソコンやスマホなど外部デバイスに接続し、利用するという仕様です。そのため、接続や設定に手間がかかるというデメリットがあり、手軽に利用するのが難しいという側面がありました。

そのデメリットを解消したのがスタンドアローン型VRです。

スタンドアローン型VRは外部機器に接続することなく、VR単独で楽しめるHMDとなります。外部機器との接続が不要であるため自由に動けて、場所を選ばず利用できる点が特徴です。

個人の利用であればゲームや映画の視聴がより快適にますし、企業の研修であれば、スタンドアローン型VRで視覚的に仕事内容を確認しながら、実際に自分が動くことで仕事を覚えることも可能です。

VRは今後個人や企業に浸透し、身近なものなることが予想されています。また、外部接続が不要なスタンドアロン型VRがVRの主流となってくるでしょう。

2.スタンドアローン型VRおすすめ5選

今後ますます需要が高まることが予想されるスタンドアローン型VRはすでに多数の商品が発売されています。

そこでここではおすすめのスタンドアローン型VRを5つ紹介します。

2-1.Meta Quest

Meta Quest 2

Meta Questはゲームの種類が豊富なスタンドアローン型VRであり、上下左右前後への移動に対応した6DoF(Degree of Freedom)を実現しています。

6DoFの他には指先の動作を正確に認識するためのハンドトラッキング機能が搭載されており、細かな動きにも対応できる点が特徴です。

PCと合わせて使用することもでき、接続することでメタバースの画質を向上したり、機能の幅を広げることもできます。

▶︎▶︎Meta Quest 2 公式サイトはこちら

2-2.Lenovo mirage solo

出典:amazon

Lenovo mirage soloはGoogleの最新テクノロジーが搭載されていることでも有名であり、機能面に優れたスタンドアローン型VRです。

VRの前面には2つのカメラを使ったインサイドアウト方式のセンサー技術「WorldSense」を搭載。

この技術により、VR空間を歩き回ったり、しゃがんだり、ジャンプしたりといった自由な動きをすることが可能です。

Lenovo mirage soloもOqulus Questと同様に6DoFに対応しており、唯一無二のVR体験を楽しむことができます。

2-3.VIVE flow

2021年11月にHTC社から発売。VIVEシリーズ新作のスタンドアローン型VRゴーグルです。

サングラスのような見た目なので気軽に着脱でき、VRの世界へ入り込むことができます。

軽量でコンパクトながらも6DoFに対応した自由度の高いVRゴーグル。

スマートフォンがコントローラー機能を兼ねる点でも持ち運びやすさに長けており、プライベート・ビジネス共に今後活用の幅に期待が高まります。

▶︎▶︎VIVE flow 公式サイトはこちら

2-4.IDEALENS K2

IDEALENS K2はビジネスシーンでの利用の多いスタンドアローン型VRです。

IDEALENS K2を販売しているクリーク・アンド・リバー社はVRで新しくコンテンツを作成したいと考えている企業のパートナーとして、VR専用の人材サービスを取り扱っており、依頼すれば元々はない、システムやアプリを開発してくれます。

一般ユーザー向けの商品も開発をしていますが、コンテンツは他の製品と比較するとあまり充実していません。

企業が取り入れるスタンドアローン型VRとしてIDEALENS K2は適していると言えます。

2-5.Pico Neo3 Link


TikTokを運営するByteDance社が買収したことで話題となった、中国のPico Technologyが2022年6月に発売した最新機種。

スタンドアローン型としても、PCに接続しても使えるハイブリッド型のVRゴーグルです。
SteamVRのコンテンツはもちろん「Pico Store」の100以上のゲーム、50以上の非ゲームコンテンツを体験できます。

コントローラーは32個の光学センサーを搭載しており、6DoFに対応し、ユーザーの動きを正確に反映します。

価格帯も5万円以下と、VRヘッドセットの中では比較的リーズナブルに購入できます。


▶︎▶︎Pico Neo3 Link 公式サイトはこちら

3.まとめ

外部機器に接続することなく、VR単体で利用できるスタンドアローン型VRは今後ますます普及していくことが予想されます。

それぞれの機器で特徴が分かれていますのであなたに合ったスタンドアローン型VRを選択するようにしましょう。

これからますます注目を集めるスタンドアローン型VR。いち早く生活に取り入れることをおすすめします。

VRについての質問を記事として回答しています

VRをビジネスで活用する上での悩みなどありましたらお気軽にご質問ください。
VRtipsは皆さんが使いやすいサイトを目指して日々情報を更新していきます。

質問する