ご相談・お問い合わせ

VRゴーグル VRゴーグルの種類

カテゴリー

【2022年最新】 VRゴーグル7選!選び方のポイントも紹介

続々とVRゴーグルの新作が登場する中、今回は「最新VRゴーグル事情が知りたい!」というニーズにお応えすべく、新作を含めたオススメVRゴーグルをご紹介します。

初めてVRゴーグルの購入を検討している方や、すでにVRゴーグルを持っていて買い替えを検討しているという方に読んでいただきたいです。

1.VRゴーグルとは?

VRを体験できるデバイスがVRゴーグルです。

パソコンやスマートフォンからもVR技術を活用したコンテンツを表示させることはできますが、360度のVR空間に入り込むような”没入感”はVRゴーグルなしでは体験できません。

そんなVRゴーグルは、大きく分けて3タイプあります。まずはその違いを押さえましょう。

1-1.スタンドアローン型

スタンドアローン型VRゴーグル 装着イメージ

パソコンやスマートフォンなどの外部機器を必要とせず、本体さえあればVR体験できるのがスタンドアローン型です。

このタイプのメリットは、持ち運びのしやすさやセッティングの手軽さ。また、ケーブルを繋ぐ必要もなく、VRゴーグルを装着しながらアクティブに動くこともできるのも魅力です。

▶︎▶︎関連記事:スタンドアローン型VRとは?【おすすめHMDを一挙公開】

1-2.PC・ゲーム機据え置き型

VRゴーグル単体では動作せず、PCやゲーム機と繋いで使うことができるタイプです。メリットは他のタイプと比べて画質が良いところ。

映像の美しさにこだわりたい人や、一回の使用で比較的長い時間楽しみたい方に選ばれています。

ただし、パソコンのスペックも合わせて確認が必要です。
推奨スペックを満たしていない場合は、動作が鈍くなるなど使用する上でストレスを感じることがあるので、注意しましょう。

1-3.スマートフォン差し込み型

スマホ装着型VRゴーグル イメージ

VR映像を表示させたスマートフォンを、本体に差し込むタイプのVRゴーグル。

こちらはプラスチック製、ダンボール製、紙製などがありますが、いずれもスタンドアローン型、PC・ゲーム機据え置き型よりもリーズナブルに手に入ります。

スマートフォン差し込み型は100円ショップでも販売されています。

2.VRゴーグルを選ぶ際の4つのポイント

では実際、どのようにVRゴーグルを選んだら良いかのポイントをお伝えします。

  • 使用目的を明確にする
  • 重視するポイントを決める
  • レビューをチェック
  • レンタルで試してみる

2-1.使用目的を明確にする

まず最初に、VRゴーグルで何をしたいかを明確にしましょう。

ゲームを楽しみたいのであればスタンドアローン型やPC・ゲーム機据え置き型、大勢にVR体験を届けたいのであれば、スマホ差し込み型が良いでしょう。

目的に応じて選択肢が絞られてくるので、まずはここを決めておきましょう。

2-2.重視するポイントを決める

次にここは重視したいという優先順位を決めましょう。

例えば長時間利用したいのであれば、体に負担のかかりにくい軽量タイプが良いでしょうし、とにかく画質にこだわりたいのであれば画質に強みのあるタイプを選ぶなど、重視するポイントを決めておくと選びやすくなります。

2-3.レビューをチェック

ポイントを絞ったところで気になるアイテムが出てきたら、レビューを確認しましょう。

YouTubeで検索をすると動画でレビューが公開されているものもあり、具体的な使用イメージが湧きやすくなります。

2-4.レンタルで試してみる

レビューを確認しても、高額のVRゴーグルを購入する一歩はなかなか踏み出しにくいもの。
そんな時に便利なのがVRゴーグルのレンタルサービスです。

3.注目の最新VRゴーグル7選

ここからは注目の最新VRゴーグルを紹介していきます。

スタンドアローン型・VIVE FLOW
・Meta Quest 2
PC・ゲーム機据え置き型・PlayStation VR2
・VIVE Pro 2
・Nintendo Switch Labo: VR Kit
スマートフォン差し込み型・サンワサプライ MED-VRG3
・リプロネクスト オリジナルVRゴーグル

3-1.VIVE FLOW /スタンドアローン型

2021年11月にHTC社から発売された新作のスタンドアローン型VRゴーグル。

サングラスのような見た目はこれまでのスタンドアローン型の「頭に固定するイメージ」を覆し、気軽にVRの世界へ入り込むことができます。

軽量でコンパクトながらも6DoFに対応した自由度の高いVRゴーグル。
ゲームよりは、VR映像を楽しんだり、VR会議に参加するなどの用途の方が向いているようです。

スマートフォンがコントローラー機能を兼ねる点でも持ち運びやすさに長けており、プライベート・ビジネス共に今後活用の幅に期待が高まります。

名前VIVE FLOW
価格59,990円
詳細情報https://www.vive.com/jp/product/vive-flow/overview/

3-2.Meta Quest 2/スタンドアローン型

Meta Quest 2

Meta社(旧:Facebook社)の代表的なVRゴーグル「Meta Quest 2(旧:Oculus Quest 2)」。

高画質な映像、包み込まれるような音響、豊富なコンテンツなど全てのバランスがよく、人気の高いVRゴーグルです。コードレスなので、体を動かしながらゲームをしたい方やフィットネス利用にもオススメです。

また、ビジネスの場ではVR展示会や、VR研修、VR会議など活躍の機会が増えてきているVRゴーグルです。

名前Meta Quest 2
価格128GB   59,400円
256GB     74,400円
ホームページhttps://www.oculus.com/

3-3.PlayStation VR2/PC・ゲーム機据え置き型

PlayStation VR2
出典:PlayStation VR2 公式サイト

ゲームファンにはたまらないのが、2022年の年明けと共に発表された「PlayStation VR2」発売のニュース。
PlayStation®5と繋ぐVRゴーグルで、ゲーム世界にかつてないほど深く没入できると紹介されています。

有機ELディスプレイを搭載した高画質映像や、ケーブルが一本化されてスマートに接続できるなど、機能が大きくアップデートされるよう。

発売日は公開されていませんが、VRゲームに興味のある方は続報を待ちましょう!

名前PlayStation VR2
価格未公開
詳細情報https://www.playstation.com/ja-jp/ps-vr2/

3-4.VIVE Pro 2/PC・ゲーム機据え置き型

水平方向に120°という広い視野、そして4896×2448の高解像度という圧倒的な映像美を誇る「VIVE Pro 2」。

ヘッドセットにはヘッドフォンも装備されているので、外部音を気にせずにVRの世界へと入り込むことが可能です。

名前VIVE Pro 2
価格178,990円
詳細情報https://www.vive.com/jp/product/vive-pro2-full-kit/overview/

3-5.Nintendo Labo: VR Kit/PC・ゲーム機据え置き型

Nintendo SwitchをVRとして遊べる「VR KIT」が発売されています。
「バズーカ」「カメラ」など6つのダンボールコントローラーを作ることができ、体験型のVRゲームで遊ぶことができます!

さらに、このVRゴーグルを使ってスーパーマリオやゼルダの伝説など任天堂の人気ゲームをプレイすることも。Nintendo Switchを持っている方は、一味違うVRの世界に触れてみてください。

名前Nintendo Switch Labo: VR Kit
価格8,778円
ホームページNintendo Labo

3-6.サンワサプライ MED-VRG3/スマートフォン差し込み型

密閉性のあるヘッドフォンが付いていたり、スマホ画面にタッチできるボタンがあったりとスマートフォン差し込み型の中でも機能が充実しているのが特徴です。

本格的なVRゴーグルまではいかないけれど、VRコンテンツを長期的に楽しみたいという方にはこちらがオススメです!

名前サンワサプライ MED-VRG3
価格7,150円
ホームページhttps://www.sanwa.co.jp/product/syohin?code=MED-VRG3

3-7.リプロネクストオリジナルVRゴーグル

リプロネクストVRゴーグル

VRtipsの運営元であるリプロネクストもオリジナルのVRゴーグルを制作しています。
法人のノベルティ・グッズ向けとして販売しており、企業のキャラクターやオリジナルプリントなど、自由にデザインできる点が魅力です。

ダンボール製で軽く、表面はPP加工でコーティングを施しており、丈夫に長く利用できるのもポイント。

VRで企業の魅力をプロモーションしたい!とお考えの方におすすめです。

名前リプロネクストオリジナルVRゴーグル
価格500個の場合:825円/1個
1,000個の場合:605円/1個
詳細情報https://service.lipronext.com/

4.まとめ

VRゴーグルは年々アップデートされており、どんどん機能性が上がっています。
2022年も業界の起爆剤となるような、新作が登場するかもしれません。

VRtipsではトレンドをいち早くキャッチしていきます!

VRについての質問を記事として回答しています

VRをビジネスで活用する上での悩みなどありましたらお気軽にご質問ください。
VRtipsは皆さんが使いやすいサイトを目指して日々情報を更新していきます。

質問する